• 最新号
  • 業種別INDEX
  • テーマ別INDEX

法令遵守建築基準法防火関係等告示の制定・改正について

建築基準法防火関係等告示の制定・改正について

建築基準法第27条第1項に規定する特殊建築物の主要構造部の構造方法等を定める件の一部を改正する件(令和2年国土交通省告示第174号)及び建築基準法第21条第1項に規定する建築物の主要構造部の構造方法を定める件の一部を改正する件(令和2年国土交通省告示第173号)、建築物の周囲において発生する通常の火災時における火熱により燃焼するおそれのない部分を定める件(令和2年国土交通省告示第197号)の公布・施行に伴い、技術的助言が通知されましたのでご紹介します。

【業種】建設・不動産


サステナビリティ環境品質CASBEEファミリーの年度動向-令和元年度CASBEE評価認証機関等連絡会議要約

CASBEEファミリーの年度動向-令和元年度CASBEE評価認証機関等連絡会議要約

総合的建築物環境認証の一つ”CASBEE”を運営管理する一般財団法人建築環境・省エネルギー機構(通称IBEC)が、毎年年度末に評価機関向けに開催する連絡会にて、従来のCASBEEファミリーの年度動向はもちろん、注目度の高いCASBEE-ウェルネスオフィス評価認証の最新情報が明らかになりました。

【業種】建設・不動産


リスクマネジメント法令遵守「建築物の定期調査報告における調査及び定期点検における点検の項目、方法及び結果の判定基準並びに調査結果表を定める件(平成20年国土交通省告示第282号)の一部改正」について

「建築物の定期調査報告における調査及び定期点検における点検の項目、方法及び結果の判定基準並びに調査結果表を定める件(平成20年国土交通省告示第282号)の一部改正」について

「建築物の定期調査報告における調査及び定期点検における点検の項目、方法及び結果の判定基準並びに調査結果表を定める件(平成20年国土交通省告示第282号)の一部改正」が令和2年3月公布、令和2年4月1日施行されました。今回はその中で警報設備の設置と作動の状況についてご紹介します。

【業種】建設・不動産


健康・安全品質Case Study: 東陽化成株式会社 成田工場

東陽化成株式会社 成田工場

化粧品OEMの総合メーカーとして屈指の存在になるために
ISO22716 をいち早く取得

OEM・ODMに特化した化粧品/医薬部外品メーカーの東陽化成株式会社。約20年間にわたりISO9001を運用し、次のステップとしてISO22716を取得しました。品質管理の維持と向上で培った経験をもとに臨んだ認証取得への取り組み、取得のメリットなどをご紹介します。

【業種】化学薬品・石油化学製品


サステナビリティ持続可能な調達の国際規格ISO20400

持続可能な調達の国際規格ISO20400

2017年11月、国際標準化機構(ISO)の新規格ISO 20400「持続可能な調達に関するガイダンス(Sustainable procurement - Guidance)」が、正式発行されました。
同規格はすでに施行されているISO 26000「社会的責任に関する手引」を補完し、企業や団体が調達を通じて持続可能な開発に寄与するための指針を示すものとして位置づけられています。

【業種】農業・食品/自動車・二輪車/電気・電子/工業・製造/小売・消費財/運輸・インフラ


サステナビリティ環境風車支持構造物製造評価のご紹介

風車支持構造物製造評価のご紹介

風力発電で使用するタワーが電気事業法に適合していない場合に必要となる、風車支持構造物製造評価について、前提条件、評価基準、実施手順などをご案内します。

【業種】電力・ユーティリティ


法例遵守UKのEU離脱に伴うCEマーキングについての考察

UKのEU離脱に伴うCEマーキングについての考察

EUでは各国の製品の安全性と品質に関する規制を平準化し、EU域内での自由な貿易、流通をスムーズに行うため、1985年に技術的調和と基準に関する“ニューアプローチ指令”を採択しました。
このニューアプローチ指令によって各製品規格の標準化が進められてきました。

【業種】工業・製造/小売・消費財


ローカル5Gの最新動向

ローカル5Gの最新動向

5Gの超高速、超低遅延、多数同時接続の特性を地域や産業の個別の二−ズにあわせて利用できるローカル5Gは、人手不足に悩む製造業をはじめ、農業・医療・防災・観光など幅広い分野での活用が期待されています。IoTとりわけ産業向けIoT普及の鍵を握るとも言われるローカル5Gの動向について、制度の概要や制度化された背景、免許の取得で求められる電波法の対応も交えご紹介します。

【業種】電気・電子


健康・安全食物繊維の分析について

食物繊維の分析について

平成27年4月1日に食品表示法が施行され、原則として、消費者向けに予め包装されたすべての加工食品と添加物(業務用加工食品を除く)に栄養成分表示が義務化されました。義務化された栄養素は、エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物・食塩相当量の5つですが、表示を推奨される栄養成分として食物繊維が挙げられています。

【業種】農業・食品


セミナー&トレーニング

セミナー&トレーニング

2020年4月30日までの対面でのセミナー・トレーニングは中止とさせていただきます。オンラインセミナーもございますのでご利用ください。



テーマ凡例
  • 品質品質
  • 健康・安全健康・安全
  • 労働安全衛生(HSE)労働安全衛生(HSE)
  • 環境環境
  • サステナビリティサステナビリティ
  • CSRCSR
  • 法令遵守法令遵守
  • リスクマネジメントリスクマネジメント