セミナー
“環境認証の動向がまとめてわかる” 「CASBEE/BELS/LEED/WELL」認証の解説

“環境認証の動向がまとめてわかる”

「CASBEE/BELS/LEED/WELL」認証の解説


コース概要 建築物の環境性能表示であるCASBEEや、一次エネルギー消費量基準を評価・表示するBELS など、国内での環境認証の取得が増えており、その動向が注目を集めています。
今回のセミナーでは、CASBEE 研究開発委員会より、建物の快適性を評価する新システムの構想や、既存評価システムの評価指標の見直しに関する最新動向をお話しいただきます。弊社からは、国内で普及するCASBEE/BELS認証の概要説明のほか、グローバルなグリーンビルディング認証であるLEED認証について解説します。また、健康・快適な建物/ 空間を評価する認証制度としてUSGBC が創設したWELL認証、不動産のESG投資指標であるGRESBについてもわかりやすく説明します。
皆様のご参加をお待ちしております。
※本セミナーは、7月4日開催の同名セミナーと同じ内容となりますので、ご注意ください。



■セミナー内容
14:00-14:10   
   開会挨拶 / ビューローベリタスの紹介

14:10-15:00  
   「CASBEE の社会実装への課題と最新動向 〜
    新システムの構想と既存評価指標の見直しについて」
    千葉大学大学院工学研究科 准教授
    CASBEE 研究開発委員会 幹事
    林 立也 氏

15:00-15:30  
   「CASBEE認証/BELS認証の動向」
    CASBEEの活用事例、 BELS概要、GRESBの解説をいたします。
    ビューローベリタスジャパン株式会社
    技術監査部 建築評価部 監査員 玉川 冬紀

15:30-15:40  
   休憩

15:40-16:00  
   「LEED/WELL認証」
    LEED v4の概要、LEED認証のプロセス、WELL v1 概要を説明するほか、
    LEEDとWELLの 評価項目の比較も解説いたします。
    ビューローベリタスジャパン株式会社
    技術監査部 建築評価部 監査員 玉川 冬紀

16:00-16:20  
   質疑応答


■その他
※お申し込み多数の場合は、1社あたりのご参加人数を制限させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※競合他社の参加申込はお断り致します。
日 時 2017年8月25日(金)
14:00~16:20(開場13:30)
定 員 65
参加費 無料
会 場 東京 東京国際フォーラム G510
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1【地図】
TEL(代表):03-5221-9000
<アクセス>
・JR「有楽町」駅 徒歩1分
・JR「東京」駅 徒歩5分(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
・地下鉄有楽町線「有楽町」駅 B1F地下コンコースにて連絡
・地下鉄日比谷線「銀座」駅 徒歩5分/「日比谷」駅 徒歩5分
・地下鉄千代田線「二重橋前」駅 徒歩5分/「日比谷」駅 徒歩7分
・地下鉄丸ノ内線「銀座」駅 徒歩5分
・地下鉄銀座線「銀座」駅 徒歩7分/「京橋」駅 徒歩7分
・地下鉄三田線「日比谷」駅 徒歩5分


【セミナーお申込み】

日 程 開催地 定 員 残席状況
8月25日
東京 東京国際フォーラム G510 65名 残席有り

▲ PAGE TOP 

受講のお申し込み

オンライン上での
お申し込み


オンライン
  上記の残席状況残席有りより、受講申し込みフォーム画面にて
  お申し込み下さい。
  開催地の詳細は申込みフォーム画面に明記してあります。

  尚、残席状況が「満席」になっているものについては満席であり、
  「終了」となっているものは期日が過ぎており申し込みできません
  ので、ご注意願います。


ご不明な点、受講のお申し込みの変更があれば
こちら( ctcpcam.kam@jp.bureauveritas.com)までお気軽にお問い合わせください。

「お客様の個人情報利用について」
受講お申し込みに際し、ご入力いただきましたお客様の個人情報については、
セミナー・トレーニング運営に必要な業務の遂行、及び今後のセミナー・トレーニングのご案内送付等に限って利用させていただきます。この目的以外に利用することはございません。
<個人情報に関するお問い合わせはこちらまで>
人事部 情報管理センター E-mail:kojinjoho@jp.bureauveritas.com
▲ PAGE TOP 
“環境認証の動向がまとめてわかる” 「CASBEE/BELS/LEED/WELL」認証の解説
© Bureau Veritas Japan