環境労働安全衛生(HSE)セミナー

コース概要 SDGsやESG投資の高まりを受け、海外の自社工場やサプライチェーンに対する環境労働安全衛生への配慮が急務となっています。
さまざまな業界で社会的責任監査の行動規範が策定されており、多くは労働・倫理・環境・労働安全衛生・マネジメントシステムの分野を対象にしています。労働安全衛生マネジメントシステムは、2018年3月に国際規格ISO45001として施行され、マネジメントシステムの認証、労働安全衛生の法令遵守の確認、労働安全衛生のリスクの低減のための現状把握などを準備する企業が増えています。

今回のセミナーでは、多くの企業が生産拠点を置く中国の環境・労働安全衛生を取り上げます。
環境・労働安全衛生法令の動向や施行だけでなく、対応の誤りにより想定される事象、工場での影響、またどのような地域から広がっていくのか、ビューローベリタス中国のIVS(工稼動中建物・設備検査)部門の責任者から見た工場のリスクやその要因をご紹介します。さらに監査の事例として環境・労働安全衛生、消防設備を紹介します。


■プログラム

13:30開場
14:00〜14:10挨拶/ビューローベリタス紹介
第1部
14:10〜14:50
工場における環境と労働安全衛生のリスク

工場における環境と労働安全のリスクの特定と、その要素をご紹介します。

第2部
14:50〜15:30
事例紹介:中国の環境労働安全衛生規制強化とその影響

急激に強化される中国の環境・労働安全衛生法令、対応の誤りにより想定される事象など、事例をあげてご紹介します。

15:30〜15:45休憩
第3部
15:45〜16:20
監査の事例紹介 消防法監査

中国で展開している環境・安全衛生の監査、天津の爆発で特に強化されている消防設備の安全監査の事例をご紹介します。

16:20〜16:30質疑応答

■講師

ビューローベリタスジャパン(株) システム認証事業本部
カスタマイズドサービス部 部長 岡崎 久喜
4/23東京会場のYufei GAO/Bureau Veritas China IVSマネージャーの講演内容をご紹介します。

参加費 無料
備考 ■ご注意ください
・事前にお申し込みが必要となります。
同行者がいらっしゃる場合は、お申し込みページでの同行者欄に必ず登録をお願いします。(同行者がどなたになるか未定の場合は、その旨ご記入ください。)
・お申し込み多数の場合は、1社あたりの参加人数を制限させていただく場合がございます。予め、ご了承ください。
・競合他社の参加申込はお断りいたします。
開催日時1
開催日 2019年6月19日(水) 終了
開催時間 14:00〜16:30(開場13:30〜)
会場 【名古屋】ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 1203会議室
会場情報 名古屋 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-4-38

■詳細はこちら >

<アクセス>
・JR「名古屋」駅 桜通口 ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
定員 70

▲ PAGE TOP 

受講のお申し込み

オンライン上での
お申し込み


オンライン
上記の残席あり又は申込受付中より、受講申し込みフォーム画面にてお申し込み下さい。
開催地の詳細は申込みフォーム画面に明記してあります。

尚、残席状況が「満席」になっているものについては満席であり、
「終了」となっているものは期日が過ぎており申し込みできませんので、ご注意願います。
ご不明な点、受講のお申し込みの変更があれば
こちら(scssales.yok@jp.bureauveritas.com)までお気軽にお問い合わせください。
「お客様の個人情報利用について」
受講お申し込みに際し、ご入力いただきましたお客様の個人情報については、
セミナー・トレーニング運営に必要な業務の遂行、及び今後のセミナー・トレーニングのご案内送付等に限って利用させていただきます。
この目的以外に利用することはございません。
<個人情報に関するお問い合わせはこちらまで>
人事部 情報管理センター E-mail:kojinjoho@jp.bureauveritas.com