セミナー
オープンセミナー:都市の安全・安心を目指して(第3回)建築基準法の変遷と専門家責任、および最新の耐震天井情報

Bureau Veritas Presents オープンセミナー:都市の安全・安心を目指して

(第3回)建築基準法の変遷と専門家責任、および最新の耐震天井情報

〜ビューローベリタスはPrecious Prompt Service Providerとして上質なサービスをお届けすることを目指しています〜
コース概要 日本建築士会連合会(後援)
日本建築士会連合会・日本建築士事務所協会連合会CPD(申請中)


建築物設計に携わる皆様におかれましては、常日頃より、安全・安心な建築物を提供するために、イノベーションによる工法の進歩、建築基準法改正等に関する知識や情報へのアンテナを張り、業務への活用を意識されていることと存じます。
ビューローベリタスは高い技術力を有する第三者機関として審査・検査業務を展開しております。これらの知識・経験を活かして皆様のニーズにより高いレベルでお応えすべく、「Bureau Veritas Presents オープンセミナー」を開催しております。2016年からは「都市の安全・安心をめざして」を年間テーマとし、各分野において精通している有識者を招聘し、春・秋の年2回、講演会スタイルのセミナーを展開しております。
第3回となる今回は、第一部で、建築基準法の解釈の変遷と専門家責任について住宅紛争審議会運営委員会委員長である竹川忠芳法律事務所 竹川忠芳弁護士にご講演頂きます。第二部では、耐震天井の最新情報について日本耐震天井施工協同組合で技術委員長を務めている塩入徹様にご講演頂きます。
ご多忙中とは存じますが、是非ご参加を賜りますようお願い申し上げます。



■プログラム&講師
14:00〜14:10 開会挨拶/ビューローベリタス紹介 

14:10〜15:40 「建築基準法 – その解釈の変遷と専門家責任」
         住宅紛争審議会運営委員会委員長
         竹川忠芳法律事務所 弁護士 竹川 忠芳様

15:10〜15:20 質疑応答

15:20〜15:30 休憩

15:30〜16:50 「耐震天井の最新情報 - 隙間なし天井の追加と補助金の増額」
         日本耐震天井施工協同組合 
         技術委員長 塩入 徹様

16:50〜17:00 質疑応答

17:00〜17:10 ビューローベリタスのサービス紹介

17:10      終了予定



■ご注意下さい
※セミナー参加には事前のお申込みが必要となります。
申込サイトの同行者欄も必ず「氏名」の登録をお願いします。
(未確定の場合はその旨お書き下さい。)
※申込多数の場合は、1社あたりの参加人数の調整をお願いする場合がございます。


※主催企業(ビューローベリタス)の競合他社の方からのお申し込みはご遠慮をお願いしております。ご了承下さい。
日 時 2017年4月13日(木)14:00〜17:10(開場13:30)
※好評につき増席しました
定 員 180名
参加費 無料
会 場 東京 建築会館 ホール【地図】
〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号
TEL(代表):03-3456-2051
<アクセス>
・JR「田町」駅 徒歩3分
・地下鉄各線「三田」駅 徒歩3分 


【セミナーお申込み】

日 程 開催地 定 員 残席状況
4月13日
14:00〜17:10(開場13:30)
東京 建築会館 ホール 180名 残席有り

▲ PAGE TOP 

受講のお申し込み

オンライン上での
お申し込み


オンライン
  上記の残席状況残席有りより、受講申し込みフォーム画面にて
  お申し込み下さい。
  開催地の詳細は申込みフォーム画面に明記してあります。

  尚、残席状況が「満席」になっているものについては満席であり、
  「終了」となっているものは期日が過ぎており申し込みできません
  ので、ご注意願います。


ご不明な点、受講のお申し込みの変更があれば
こちら(ctcbca.shi@jp.bureauveritas.com )までお気軽にお問い合わせください。

「お客様の個人情報利用について」
受講お申し込みに際し、ご入力いただきましたお客様の個人情報については、
セミナー・トレーニング運営に必要な業務の遂行、及び今後のセミナー・トレーニングのご案内送付等に限って利用させていただきます。この目的以外に利用することはございません。
<個人情報に関するお問い合わせはこちらまで>
人事部 情報管理センター E-mail:kojinjoho@jp.bureauveritas.com
▲ PAGE TOP 
オープンセミナー:都市の安全・安心を目指して(第3回)建築基準法の変遷と専門家責任、および最新の耐震天井情報
© Bureau Veritas Japan